障がい者雇用インフォメーションニュース
2024年05月28日(火)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

日立ソリューションズ「チームAURORA」からパラリンピック日本代表に久保恒造選手が

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

日立ソリューションズ「チームAURORA」からパラリンピック日本代表に久保恒造選手が

このエントリーをはてなブックマークに追加




9月からリオ2016パラリンピック競技大会開催
2016年8月のリオオリンピックに続き、同年9月7日(水)から18日(木)に開催される「リオ2016パラリンピック競技大会」。日本からも多くの種目で企業に所属するパラアスリートたちが参戦する。

リオパラリンピック
久保恒造選手が日本代表に
株式会社日立ソリューションズからは、同社の障がい者スポーツチームである「チームAURORA」の車いす陸上競技部に所属している、久保恒造選手が、陸上競技男子5000mとマラソンの日本代表に選出された。

実は、久保選手は「ソチ2014パラリンピック冬季競技大会」のノルディックスキー バイアスロン ショート(7.5km)で銅メダルを獲得しているメダリストで、冬季・夏季を通じ2大会連続での代表入りとなった。

障がい者スポーツ支援の先駆け「チームAURORA」
「チームAURORA」は同グループのシンボルスポーツとして全社一体となって応援し、障がいを持ちつつ才能ある選手たちが競技に専念できる環境を提供するという試み。

スタートは2004年11月に日本初の障がい者実業団スキー部の設立。選手、監督共にパラリンピックや世界選手権、ワールドカップといった世界の名だたる大会で活躍。2006年トリノ大会、2010年バンクーバー大会、2014年のソチ大会のノルディックスキー競技では3大会連続でメダルを獲得。計金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル2個という輝かしい戦歴を残している。

2014年4月からは総合的な障がい者スポーツチームとして活動を拡げ、新しく「車いす陸上競技部」を設立、今回の代表選出となった。

こうした試みは社内での障がい者理解、ひいては職場環境の向上にも通じ、障がい者スポーツの認知、発展にも貢献できる好事例といえよう。


外部リンク

株式会社日立ソリューションズのプレスリリース
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/

Amazon.co.jp : リオパラリンピック に関連する商品



  • 障がいを持つ元デザイナー等が、制作を行うデザインサブスク「バリデザ」が、サービス提供を開始(5月26日)
  • 障がい者向け雇用支援サービスのパレットが、短時間労働型障がい者雇用定着支援サービス「ONE DRAW」を開始(5月18日)
  • 障がい者自身が、障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ、「凸凹村・でこぼこむら」プラットフォームが正式開村(5月17日)
  • 【障害者雇用バンク】HANDICAP CLOUD、「総務・人事・経理Week 第14回 HR EXPO 春」へ出展(5月5日)
  • 知的障がい者卓球の山本駿太選手が、「佐賀県スポーツ賞 特別賞」を受賞(4月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件