障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年07月02日(土)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

ベテラン写真家が捉えた障がい者雇用の現場

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

ベテラン写真家が捉えた障がい者雇用の現場

このエントリーをはてなブックマークに追加




急速に拡大する障がい者雇用
近年、障がい者雇用についての法改正などの後押しもあり、障がい者たちの職場進出が加速度的に増加している。それに伴い障がい者が関わる仕事の内容も幅も広がっている。

小山博孝
ベテラン写真家のライフワークが本に
2015年5月28日(木)に株式会社岩波書店から発売された2015年5月28日『私たちのしごと 障害者雇用の現場から』2,400円 (税別)では、精神障がいや知的障がいを持つ当事者たちが、接客など直接コミュニケーションする仕事などに従事する様子が生き生きとした写真と共に紹介されている。

著者の小山博孝氏は1944年長野県小諸市出身で写真大学卒業後、岩波映画写真部にカメラマンとして入社。岩波映画や岩波書店の製作、出版物などの写真を担当し21年間勤務した後、フリーとして独立。

高齢・障害者雇用支援機構が発行する月刊誌「働く広場」ではグラビアを担当し、障がい者問題を撮り続け、今年で34年目になるベテラン写真家だ。1986年には東京映像工房との共著で身体障害者雇用促進協会から『写真で読む 障害者雇用―ひと・しごと・企業をたずねて』を出版した。

当事者と彼らを取り巻く現場の様子
それから29年。障がい者を取り巻く就労の環境の変化、拡大のためには当事者たちの努力はもとより、受け入れる企業、現場側の工夫や理解ある対応も大切な要素だ。

今回の本では40年以上の長きにわたって障がい者たちが働く姿を取材し続けてきた著者が、その最新の現場をレポート。障がい者雇用についての資料は多いが、プロが撮影した写真そのものから伝わる力が、障がい者雇用への理解をより深めてくれる。

(image:Amazon.co.jpより)


外部リンク

私たちのしごと  障害者雇用の現場から
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn

株式会社岩波書店
http://www.iwanami.co.jp

Amazon.co.jp : 小山博孝 に関連する商品



  • accessibeauty、第2回障がい者モデルオーディションを開催(7月1日)
  • 障がい者雇用特化型 就職・転職支援サイト「パラちゃんねる」に、新機能が追加(6月25日)
  • 障がい者一人ひとりの“働きたい”を応援する、LIIMO国分寺が東京都国分寺市に開所(6月18日)
  • 次世代を担う世界中の障がい者アーティスト発掘コンテスト、「パラリンアート世界大会2022」作品募集中(6月11日)
  • 障がい者雇用の支援 × 人工甘味料・香料フリーの、フィットネスブランドuFit が 「uFit Soy Protein」の販売を開始(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件