障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年08月14日(日)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

社会福祉法人カリヨン、こだわりのそばを刈り取り

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

社会福祉法人カリヨン、こだわりのそばを刈り取り

このエントリーをはてなブックマークに追加




東祖谷久保地区で地元農家と協力して栽培
徳島で、障がい者の相談支援事業や生活介護・自立訓練事業、就労継続支援事業所(B型)の運営、一般就労への移行支援事業などの活動を展開している社会福祉法人カリヨン(Carillon)が、今年から新たにそば栽培をはじめ、今月18日、初の収穫を行った。

このそば栽培は、徳島市内から車で3時間ほどのところにある三好市東祖谷の久保地区で、地元農家の協力のもと、カリヨンの知的障がい者通所施設である「れもん」に通う利用者らが行っているもの。今夏に種をまき、収穫まで育ててきた。

収穫したそばは約200kg。天日で1カ月間乾燥させたのち、石臼でひいてそば粉とし製麺を行う。完成したそばは、同じカリヨンが運営しているグループ施設の「れもん徳島」によるそば店の「麺家れもん」で、12月にもこだわりの「特選そば」として売り出す予定という。

カリヨン
祖谷そばの伝統を守り、障がい者就労にも
久保地区は標高800mを超す高地にあり、まさに秘境といえる地域。昼夜の寒暖差が激しく、そうした気候がとくに質の高い“祖谷そば”を生み出す。しかし近年では過疎化が進み、休耕地が増加するなど、そば作りの伝統も危機にさらされている。

こうした久保地区の地元農家を、そば粉製造会社の谷食糧があいだに立つかたちで、カリヨンに紹介。障がい者就労としてのそば栽培が始まった。

カリヨンの「れもん徳島」では、これまで就労移行支援事業として祖谷そばの製麺作業を中心に取り組んできた。ここで作られたそばを提供し、就労移行支援事業所の出張所として、一般就労を目指す利用者らが接客や厨房業務の訓練を行っているのが、徳島駅構内にある「麺家れもん」だ。今回収穫したそばで作られた「特選そば」は、同店の開店3周年記念にあわせて提供するという。

「れもん」では、今後もこのそば栽培を継続していく方針で、さらに休耕地を開拓して栽培面積を広げ、こだわりのそばとして提供し、障がい者の自立をサポートするとともに、祖谷そばの伝統を守っていきたいとしている。


外部リンク

社会福祉法人カリヨン Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/lemonworks3173

社会福祉法人カリヨン ホームページ
http://www.lemon.or.jp/index.html

Amazon.co.jp : カリヨン に関連する商品



  • 明成孝橋美術、聴覚障がい者の生活をサポートする、アイデア商品のクラウドファンディングを開始(8月13日)
  • Lean on Me、障がい福祉専用eラーニング「Special Learning」に、新研修コンテンツをアップ(8月5日)
  • 参天製薬ら4者、視覚障がいに関わる“壁”を溶かす新規事業創出を支援(7月31日)
  • Lean on Me、障がい福祉専用eラーニング「Special Learning」に、新たな研修コンテンツをアップ(7月23日)
  • 三菱地所、障がいのある子どもたちの絵画コンクール、「第21回キラキラっとアートコンクール」開催(7月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件