障がい者雇用インフォメーションニュース
2024年07月25日(木)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

ウェルビー、神奈川県内での障がい者就労支援強化を目指し3拠点の開設を発表

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

ウェルビー、神奈川県内での障がい者就労支援強化を目指し3拠点の開設を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加




藤沢・川崎・溝の口に就労移行支援センターを開設へ
就労意欲のある障がい者を支援するウェルビー株式会社は13日、神奈川県内エリアにおける支援を強化するため、1月5日に開設した「ウェルビー藤沢センター」に加え、「ウェルビー溝の口駅前センター」、「ウェルビー川崎センター」の2拠点を、2015年前半を目途に新設すると発表した。

ウェルビーによると、神奈川県内エリアでは、これまでも支援センター開設のニーズが高く、早急な就労移行支援の強化が求められていたという。この3拠点が加わることにより、同県内におけるセンター数は桜木町、本厚木、新横浜とあわせて6拠点に、全国でのウェルビーによる支援センター数はのべ24拠点に拡大することとなる。

ウェルビー
スキルアップを支援し、幅広いフィールドでの障がい者就労実現を目指す
ウェルビーでは、2011年より就労移行支援事業に着手。一般事業所での就労が可能と見込まれる障がい者に対し、障がいの種別を問わず、就職に必要となるビジネススキルや基本的なマナー、PCスキル、コミュニケーションスキルなどをアップさせるための研修を提供している。

こうした研修で身につけたスキルをもとに、より幅広いフィールドでの障がい者就労を実現させ、社会的自立の機会が創出されていくことを目指しているという。同社は1人でも多くの障がい者就労移行支援が実現されるよう、今後さらに日本全国での事業拡大を進める方針だ。

同社のこれまでに設置したセンターにおける職場平均定着率(同一職場で半年以上の勤務)は70%以上と、優れた実績をあげている。全国の利用登録者数も900名超、総就職者数は2014年12月時点で293名に上っており、多くの障がい者を支援しているといえる。

すでにオープンした「ウェルビー藤沢センター」を含め、新設が発表された3つのセンターは、いずれも利用定員20名、利用可能時間が10:00~16:00(開所時間9:00~18:00)となっている。詳細はプレスリリース資料および問い合わせにて確認を。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ウェルビー株式会社 プレスリリース
http://welbe.co.jp/info/wp-content/uploads/2015/01/

ウェルビー株式会社 ホームページ
http://welbe.co.jp/index.html

Amazon.co.jp : ウェルビー に関連する商品



  • 障害者雇用のテレワーク実態調査。障害者にとって、“場所の制約を受けない就業選択肢”が大きなメリットに―オリィ研究所調べ(7月21日)
  • リクルートスタッフィング、障がいのある中学生・高校生向け オンラインしごと体験会を、全国の特別支援学校30校以上で実施(7月16日)
  • カムラックとGreen propが、障がい者の社会進出事業の融合事業で提携(7月8日)
  • 障害者施設、倒産・廃業が急増―帝国データバンク調べ(7月1日)
  • 東京都ビジネスサービス、無料の障がい者雇用Webセミナーを開催(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件