障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年08月14日(日)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

エコ計画とジェイコムハートが障がい者雇用推進のために提携

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

エコ計画とジェイコムハートが障がい者雇用推進のために提携

このエントリーをはてなブックマークに追加




異業種同士が行う障がい者雇用の施策とは
株式会社エコ計画と、株式会社ジェイコムハートが、障がい者雇用を促進する施策で提携したことによる、エコ計画の新リサイクル工場「Eスペース」でのジェイコムハート従業員の業務が開始された。

エコ計画
エコ計画とジェイコムハートとは
1970年創業のエコ計画は総合リサイクル企業で、産業廃棄物収集から中間処理、最終処分まで一貫して自社で行えるサービスを強みとしている。また産業廃棄物再生資源化処理から、旅館業など多角的に展開。

2015年10月に障がい者雇用促進のため、埼玉県の彩の国資源循環工場にある総合リサイクル施設、寄居エコスペース隣接地に新工場「Eスペース」を竣工した。

一方のジェイコムハートは2015年6月に株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の特例子会社として設立。働く意志と能力を持つ障がい者に働きがいのある職場を提供、また健常者や定年再雇用の高齢者と共に働き、成長できる職場づくりを目指している。

今回の提携は、エコ計画がJ:COMグループの産業廃棄物処理とリユース・リサイクル業務を担当したことをきっかけに、両社が協力し障がい者雇用を進めていくことで合意。ジェイコムハート従業員が「Eスペース」内で業務に従事することになった。

エコ計画
親会社の電子機器を手作業で分別
現在ジェイコムハート従業員22名が、主にJ:COMから回収した使用済みの電子機器を手作業で素材ごとに分別。手作業により機械処理に比べてネジの一本に至るまで細かく、質の高い貴金属などの素材リサイクルが可能となる。その結果循環型社会への貢献につながっていくという。

こうした異業種の企業同士が協力して取り組むという、新しい障がい者雇用の形は、今後のさまざまな広がりを予感させるものだといえよう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社エコ計画・株式会社ジェイコムハートのニュースリリース
http://www.eco.co.jp/topics/pdf/20151126.pdf

株式会社エコ計画
http://www.eco.co.jp/

Amazon.co.jp : エコ計画 に関連する商品



  • 明成孝橋美術、聴覚障がい者の生活をサポートする、アイデア商品のクラウドファンディングを開始(8月13日)
  • Lean on Me、障がい福祉専用eラーニング「Special Learning」に、新研修コンテンツをアップ(8月5日)
  • 参天製薬ら4者、視覚障がいに関わる“壁”を溶かす新規事業創出を支援(7月31日)
  • Lean on Me、障がい福祉専用eラーニング「Special Learning」に、新たな研修コンテンツをアップ(7月23日)
  • 三菱地所、障がいのある子どもたちの絵画コンクール、「第21回キラキラっとアートコンクール」開催(7月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件