障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年12月02日(金)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

就労移行支援事業所のサービスにみる、精神、発達障がい者雇用の際の手続きとは

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

就労移行支援事業所のサービスにみる、精神、発達障がい者雇用の際の手続きとは

このエントリーをはてなブックマークに追加




専門的な支援が必要とされる精神、発達障がい者雇用
2018年の改正法施行により、精神障がい者、発達障がい者の雇用が注目される中、こうした障がいの就労を専門的に支援する事業所との連携も、障がい者雇用に取り組む上で必要となってくる。

アステージ
これまでの障がい者雇用ノウハウを活かしたサポート
介護事業、障がい者福祉事業を手がけるイー・ライフ・グループ株式会社の就労移行支援事業所アステージでは、現在障がい者雇用に取り組んでいる企業や、今後雇用を考えている企業へ同社グループでの障がい者雇用ノウハウを活かし、多様なサポートを行っている。

職場体験実習から定着支援まで
たとえば採用の事前段階や人材発掘の第1歩として活用できる現場体験実習は、一般就労に意欲のある同社訓練生の適正と、希望を踏まえた上で、実習に協力できる企業と体験実習のコーディネートを図り、数日から5日間程度の体験実習を行うもの。実習を通し、実習生と企業の間で適性、条件などが合えば雇用も可能だという。

また採用計画から業務内容、希望する人材の適正などを企業と打ち合わせ、同社の訓練生を対象に職場体験実習、面談、業務内容をコーディネート。採用後の定着支援までも行うトータルなサポートを行っている。障がい者支援機関のコネクションもあるので企業の状態、都合に合わせ他の機関を紹介も受けられる。

内定後の勤務日数や時間などへの助言や定着支援計画の作成、就業部署の職場社員への周知、理解を促進する支援、支援計画に沿っての当事者との個別面談や相談内容の報告、職場訪問など、課題があるといわれる精神、発達障がい者の職場定着へのフォローも手厚い。

ただ採用するだけでは課題が多いとされる精神、発達障がい者の雇用を成功させるためには緻密な準備と計画がカギなのだと、こうしたサービスを知ることで改めて実感させられる。


外部リンク

株式会社アステージ
http://job-astage.com/

Amazon.co.jp : アステージ に関連する商品



  • 認定NPO法人ぱれっと、知的障がい者に「新しい暮らし」の選択肢をつくるための、クラウドファンディングを開始(11月29日)
  • 障がい当事者が、一般社団法人「tsunagari」を設立(11月19日)
  • ディンプル、障がい者の就職(転職)支援サービス、「ディンプル チャレンジ」をリリース(11月13日)
  • ミンナのシゴト、書籍「障がい者を生かすと会社が儲かる!~AI社会で活躍する人材の発見~」を発売(11月5日)
  • 渋谷区とシブヤフォント、障がい者の文字や絵を使ったシブヤフォントの新作フォントとパターンの発表会を開催(11月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件