障がい者雇用インフォメーションニュース
2017年11月19日(日)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

雇用する企業も参考にできる本、『発達障害の自分の育て方』

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

雇用する企業も参考にできる本、『発達障害の自分の育て方』

このエントリーをはてなブックマークに追加




著者は大人の発達障がいの当事者
2015年12月2日(水)に株式会社主婦の友社から発売され、話題となっている『発達障害の自分の育て方』1,300円(税別)。最近、成人し社会人になってから発達障がいと診断された、大人の発達障がいが問題となっている。

岩本友規
診断がわかるまでの苦労
この本の著者で発達障がいの「生き方」
研究所Hライフラボを主宰する岩本友規氏も生きにくさがありながら原因がわからず、苦労した過去を持つ。

中央大学法学部卒業後、正社員として採用されながら、以前は仕事が重なるとストレスが増大し、休みがちとなり、芳しい成果も上げられないダメな社員だったという。

転職すること4回。前職のモバイル通信キャリアで過労が引き金となりうつ病を発症、休職。復職後30歳を過ぎて発達障がいであるアスペルガー、ADHDと診断された。その後障がい者として外資系コンピューターメーカー、レノボ・ジャパン株式会社に転職した。

現職で成功できた理由を細密に分析
現職ではアスペルガー症候群の特性、分析、パターン思考を活かして需要分析を担当。データアナリストとして活躍している。体調不良欠勤がほぼ無くなり、メンタル、身体の両面とも調子が大幅に改善され、さらに所属している部署の個人優秀賞を受賞するまで仕事にも集中できるようになったのだ。

症状を大きく軽減できたのはなぜなのか。同書では自身が具体的な経験を一般的な人間の成長過程に必要な事項と重ね、データアナリストならではの緻密さで分析。

大人の発達障がい者に役立つと思われるポイントを、実践しやすいようにマニュアルの形でまとめている。大人の発達障がいを克服したい当事者はもちろん、企業側も障がい特性への配慮や能力を活かせる仕事の創出など参考にできる内容となっている。

(画像はAmazonより)


外部リンク

発達障害の自分の育て方
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b211528.html

Amazon.co.jp : 岩本友規 に関連する商品



  • 沖縄県、障がい者雇用の「人材育成」、「合理的配慮」がわかるセミナーを開催(1月8日)
  • 横浜市、障がい者雇用に携わる関係者からの声を聴くシンポジウムを開催(1月6日)
  • 宮城県南エリアでアデコによる「障がい者採用・定着セミナー」を開催(1月4日)
  • 全国2位の障がい者雇用率!大分県がナンバー1をめざし、農福連携も(1月4日)
  • 東京オリンピック・パラリンピック開催で俄然注目されてきた障がい者アスリート採用(1月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件