障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年12月02日(金)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

埼玉でオリーブ農園も。農福連携をさらに進んだ形にする埼玉福興株式会社

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

埼玉でオリーブ農園も。農福連携をさらに進んだ形にする埼玉福興株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加




障がい者が働く第3の場とは
近年、新しい障がい者の働く場として農福連携が注目されている。そのもう1歩進んだ形がソーシャル・ファームである。日本の障がい者の働く場は通所・入所授産施設、小規模作業所と企業の2種類だが、欧州では第3の分野ソーシャル・エンタープライズ(社会企業)がある。

これは社会的な目的をビジネスの手法で行うもので、ソーシャル・ファームはその内のひとつ。障がい者、労働弱者に仕事を創出する、また支援を伴った雇用の機会を提供するビジネスである。

埼玉福興
日本でソーシャル・ファームをめざす
その形を日本で実践しようとしているのが埼玉福興株式会社だ。1993年知的障がい者生活寮からスタート。1996年ソーシャル・ファームをめざし法人化。現在では障がい者施設の管理運営、農産物の生産および販売、自立支援サポートという3つの事業で 地域の高齢者、障がい者、若者などさまざまな世代が関わり、新しい形の農業生産組織をつくり、地域活性化への貢献に向けて活動している。

地域の農家、農林振興センター普及部からの支援、篤農家と出会い共に働く、またNPO法人、花のプロなど多くの機関や人々と連携し、今では埼玉県内に水耕栽培ハウス、苗・花卉栽培ハウス、露地栽培、群馬県にも露地栽培を行う農地を持つ。

また2010年にはオリーブ植樹拡大事業を開始。2013年には初めて関東でのオリーブ収穫祭を主催し、オリーブ生産、加工にも力を注いでいる。

農業を通して企業との連携も
2011年には株式会社松屋フーズ特例子会社エム・エルとの花苗栽培の企業連携を行うなど、企業に雇用された障がい者の職域拡大支援など、同社の障がい者雇用への役割は多岐にわたる。こうした会社の活動も、企業が障がい者雇用を考える上で知っておきたいところだ。


外部リンク

埼玉福興株式会社
http://saitamafukko.com/

Amazon.co.jp : 埼玉福興 に関連する商品



  • 認定NPO法人ぱれっと、知的障がい者に「新しい暮らし」の選択肢をつくるための、クラウドファンディングを開始(11月29日)
  • 障がい当事者が、一般社団法人「tsunagari」を設立(11月19日)
  • ディンプル、障がい者の就職(転職)支援サービス、「ディンプル チャレンジ」をリリース(11月13日)
  • ミンナのシゴト、書籍「障がい者を生かすと会社が儲かる!~AI社会で活躍する人材の発見~」を発売(11月5日)
  • 渋谷区とシブヤフォント、障がい者の文字や絵を使ったシブヤフォントの新作フォントとパターンの発表会を開催(11月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件