障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年05月21日(土)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

障がい者があたりまえに働ける。ATARIMAEプロジェクトにMONKEY MAJIKが賛同

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

障がい者があたりまえに働ける。ATARIMAEプロジェクトにMONKEY MAJIKが賛同

このエントリーをはてなブックマークに追加




障がい者雇用の停滞の原因は心のバリア
近年、障がい者雇用が注目され、その数は増加しているものの法律で義務付けられている法定雇用率を満たしている企業の割合は全体の半数に留まっている。

こうした状況は障がい者の働く意欲や能力が低いことに起因するものではなく、それよりも雇用を受け入れる企業や一般の人の、偏見や無関心が引き起こす、つまり障がい者の働く機会を妨げるものは心のバリアであるという。

ATARIMAEプロジェクト
バリアを取り払うATARIMAEプロジェクトの活動
こうした考えから社会的な課題を解決するため、2008年に発足したのが一般財団法人ATARIMAEプロジェクト(事務局運営会社・株式会社FVP)による「~障がい者があたりまえにはたらけるニッポンへ~ATARIMAEプロジェクト」だ。

あたりまえな社会を表現する映像「FOREVER」
今回はATARIMAEプロジェクトの活動に賛同したミュージシャンのMONKEY MAJIK(モンキーマジック)、映像クリエーターYELLOW BRAIN(イエローブレイン)が、あたりまえな社会を表現する映像「FOREVER」を製作した。

出演、歌は300名のあたりまえな社会を作る人々。障がい者もそうでない人も皆で歌うことがソーシャル・インクルージョンの風景をあらわしている。映像を担当したYELLOW BRAINの丹下紘希氏は、以前からATARIMAEプロジェクトの障がい者が働く職場を取材しているクロストークの映像ディレクターでもあり、日頃からこのプロジェクトに参加している氏の思いが伝わる映像になっている。

「FOREVER」の映像は、テレビやインターネットなどさまざまなメディアで見ることができる。障がい者の働くことへの理解を深めるために、企業内で視聴するのもおすすめの映像となっている。


外部リンク

MONKEY MAJIK × ATARIMAE PROJECT
http://www.atarimae.jp/atarimae_majik/

ATARIMAEプロジェクト
http://www.atarimae.jp

Amazon.co.jp : ATARIMAEプロジェクト に関連する商品



  • 中小企業における障がい者採用、約6割の企業は一般採用枠で対応―レバレジーズ調べ(5月20日)
  • MAP、障がい者採用に特化したマッチングプラットフォーム「タルセンeラーニング」リリース(5月15日)
  • 車いすに乗る障がい者と、健常者が100人で錦糸町をパレードする、「インクルーシブパレード2022TOKYO」初開催へ!(5月8日)
  • 発達・精神障がいを持った革職人が作るブランド「UNROOF」、埼玉西武ライオンズとコラボレーションしたレザーアイテムを発売(4月28日)
  • 筋ジストロフィー患者が、視線入力でドローンを飛ばす「ドローン アクセシビリティ プロジェクト」スタート(4月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件