障がい者雇用インフォメーションニュース
2024年02月25日(日)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

IT企業が障がい者社員を教育する上で困っている点、「担当者のリソース不足」が約4割―レバレジーズ調べ

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

IT企業が障がい者社員を教育する上で困っている点、「担当者のリソース不足」が約4割―レバレジーズ調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加




レバレジーズ株式会社が運営する、障がい者就労支援サービス「ワークリア( https://worklear.jp/partner/ )」は、障がい者雇用に関わるIT企業の採用担当者213名を対象に、障がい者雇用の実態調査を実施した。

リソース不足に困っている企業が多い
その中で、障がい者社員に業務を任せる上で困ること・困りそうなことを聞いた。

障害者雇用

その結果、「単純作業にあたる業務が少ないこと(36.6%)」が最も多く、次いで「定常的な業務が少ないこと(23.0%)」「専門性の高い領域が多いこと(22.5%)」と続いた。

障がい者社員を教育する上で困っていること・困りそうなことについては、「担当者のリソース不足(37.6%)が約4割となり、最多となった。

同社が行った今年5月の発表では、障がい者雇用専任の担当が「いない」と回答した企業は約7割となり、他業務と兼務して担当している企業が多かった。このことから、リソース不足に困っている企業が多いことが見受けられる。

<調査概要>
調査対象:障がい者雇用に関わるIT企業の採用担当者213名
集計期間:6月16日~6月20日
調査方法:Webアンケート調査
実査委託先:楽天インサイト株式会社
有効回答数:213名

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 障害者雇用 に関連する商品



  • 障がい者みらい創造センター、知的障がい・発達障がいがある中高生や若者を対象とした職業体験イベントを開催(2月17日)
  • キャリアオプション、業務委託型の障がい者雇用支援サービス「SAKURA BPO」スタート(2月12日)
  • 学研スマイルハートフル、障がい者雇用支援アドバイザーの大河原氏を講師とした「障がい者雇用に関する情報提供会」を実施(2月5日)
  • 東京都ビジネスサービス、「障害者差別解消法」&「障害者虐待防止法」 まとめて学べる社内研修用動画を販売(2月1日)
  • KindAgent、KDDI・マイナビパートナーズと障がいのある学生・既卒者向けに、DX人財育成型インターンシッププログラムを開発(1月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件