障がい者雇用インフォメーションニュース
2018年10月22日(月)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

マクドナルドでのスタッフ障害者差別 米・フィラデルフィア

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

マクドナルドでのスタッフ障害者差別 米・フィラデルフィア

このエントリーをはてなブックマークに追加




上司や同僚から知的障害で嫌がらせ
アメリカのペンシルバニア州フィラデルフィアにあるAlstrun LLPは、以前、フィラデルフィアマクドナルドを所有して運営したが、90,000ドルを支払い、知的障害の労働者に代わって連邦差別訴訟を解決するために、重要で公正な救済を提供することに同意したと、米雇用機会均等委員会(EEOC)が最近、発表した。

EEOCは、法廷において、ティモシー・アーティス、マクドナルドの多くの労働者が、アメリカの障害者法(ADA)違反において、知的障害で不当な扱いに悩まされたと主張した。アーティスがうまく仕事の任務を果たしたとしても、上司や他のマネージャー、同僚は繰り返し、障害のために攻撃的で悪口を言ったという。いやがらせは体を押す脅威を含んでいた。そして、同僚がアーティスをカッターで脅した事実もあった。そして、EEOCがペンシルバニア東部地区の米連邦地裁に訴訟を起こした。

障害者雇用


二度と差別しないように訓練の義務付け
アーティスの母は、嫌がらせについて、繰り返し不満を言ったが、マクドナルドは嫌がらせを止める適切な措置を取ることができなかった。EEOCによると、アーティスは言葉の暴力に加え、身体的な虐待のため、退職することを強要された。

判決では、アーティスに90,000ドルを支払うなど、運営会社にも将来、障害で差別することの禁止を含む重要な公正さを提供する。Alstrunは、EEOCの通知とポスターを貼る。さらに、障害での差別をなくすため、すべてのマネージャーたちをトレーニングする必要があり、どんな障害での差別の不平の解決について、レポートを機関に提供しなければならない。

一方、2009年度中の障害差別容疑は、21,451件という記録的なレベルに達し、前年より10%も増加した。

障害者雇用


外部リンク

McDonald's Pays $90K to Settle Disability Discrimination Lawsuit (Occupational Health & Safety)
http://ohsonline.com/articles/2010/03/10/mcdonalds-to-pay-90k-to-settle-disability-discrimination-lawsuit.aspx?admgarea=news
Amazon.co.jp : 障害者雇用 に関連する商品



  • レバレジーズが企業の採用担当者向け第3回障がい者雇用セミナーを11月に開催(10月18日)
  • 障がい者スポーツを応援する「SPORTS of HEART 2018 東京」開催(10月12日)
  • 精神障がい者によるトークイベント「だけど、生きていてよかったよ」開催(10月2日)
  • スポーツ庁がNANJへ「障害者スポーツ団体支援企業ロゴマーク」の使用を承認(9月28日)
  • キャリアエディション、障がい者向け就労移行支援施設をオープン(9月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件