障がい者雇用インフォメーションニュース
2022年07月02日(土)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

iPhoneが案内します!耳の不自由な人も気軽に外出を~移動支援アプリ開発~

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

iPhoneが案内します!耳の不自由な人も気軽に外出を~移動支援アプリ開発~

このエントリーをはてなブックマークに追加




全国初!障がい者の目線に立った移動支援ソフトを開発
耳の聞こえない人でも安心してバスに乗れるようなシステムをスマートフォン「iPhone」を使って、公共交通機関を利用する聴覚障がい者の移動をサポートする移動支援システムが開発された。

スマートフォンの拡張性・汎用性の高さを生かし、障がい者の目線に立った移動支援ソフトを開発するという取り組みは全国初。今後、各公共交通機関での実用化が期待されている。
iPhone
国交省の委託事業公募に広島大学大学院教授が応募
開発者は、交通工学を専門とする広島大学大学院の藤原教授らのチーム。藤原教授はこれまで「移動」に関するさまざまな社会実験を行うなかで、余暇の外出機会が大変少ない聴覚障がい者でも気軽に出かけられるような支援をしたいと数年前から考えていたという。

そんな折、国土交通省の委託事業の公募があることを知り、藤原教授自ら応募。一般的な公共交通機関のうち、音声案内を主とするバスに着目し、委託事業費400万円を受けて、昨年10月からバス利用に不安を抱えている聴覚障がい者のための支援ソフトを開発に着手していた。

実用化に向けて 今後のさらなる可能性を示唆
仕組みは、iPhoneの専用アプリを起動し、目的地かバス停を選ぶ。衛星利用測位システム(GPS)で所在地が特定され、到着までの時間や料金がわかる仕組みになっており、降りる際に慌ててお金を準備しなくてもすむよう配慮されている。

また、降りるバス停が近づくとバイブレーションが振動し、バス停の名前が表示される。行き先と違うバスに乗ると警告が出る仕組みにもなっている。

藤原教授は、関心のあるバス会社や自治体から手が挙がれば、システムの提供を検討するという。

外部リンク

広島大学大学院 国際協力研究科 交通工学研究室

国土交通省

Amazon.co.jp : iPhone に関連する商品



  • accessibeauty、第2回障がい者モデルオーディションを開催(7月1日)
  • 障がい者雇用特化型 就職・転職支援サイト「パラちゃんねる」に、新機能が追加(6月25日)
  • 障がい者一人ひとりの“働きたい”を応援する、LIIMO国分寺が東京都国分寺市に開所(6月18日)
  • 次世代を担う世界中の障がい者アーティスト発掘コンテスト、「パラリンアート世界大会2022」作品募集中(6月11日)
  • 障がい者雇用の支援 × 人工甘味料・香料フリーの、フィットネスブランドuFit が 「uFit Soy Protein」の販売を開始(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件