障がい者雇用インフォメーションニュース
2021年04月17日(土)
 障がい者雇用インフォメーションニュース

白血病患者に朗報~免疫細胞の改変で白血病が全快【米ペンシルベニア大学研究】

業界動向
自治体
民間
NPO
行政支援
講演&セミナー
海外
その他
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

白血病患者に朗報~免疫細胞の改変で白血病が全快【米ペンシルベニア大学研究】

このエントリーをはてなブックマークに追加




最新の遺伝子操作技術により 新たな治療法を発見
新たな白血病治療法で末期の白血病患者のがん細胞が死滅や激減したとの研究結果が10日、アメリカの医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・マガジン」と「ニューイングランド医学ジャーナル」で同時発表された。

この治療法とは、患者から採取したリンパ球の一種である「T細胞」に遺伝子操作を行って「キラー細胞」に改変させ、がん細胞を攻撃して死滅させるという新たな治療法である。アメリカのペンシルベニア大学が研究を行っている。
がん
3人に行った治療で2人のがん細胞の死滅を確認
この新治療法を3人の慢性リンパ球性白血病患者に施したところ、2人のがん細胞が死滅したという結果がでている。

そのうちのひとりである64歳男性は、血液と骨髄に約3キロ分のがん細胞があった。治療開始後、しばらくは何の変化もなかったが、その後14日目に吐き気、悪寒、高熱などの体調不良を訴えるようになった。

検査の結果、改変を行ったT細胞の数が急増していることが判明、体調不良はがん細胞が短時間に大量に死滅することで起こる症状だと分かった(腫瘍崩壊症候群:しゅようゆうかいしょうこうぐん)。

この男性は治療開始から28日目に回復し、がん細胞は全て死滅していて発見されなかった。1年後の検査でもがん細胞は検出されなかったという。

今後は他のがんへの有効性を調査
現在、白血病の唯一の治療法は骨髄移植であるが、長期間の入院を必要とし、死亡率は約2割と高く、完治率も5割程度である。

まだ研究途上ではあるが、この新しい遺伝子導入治療が将来的に白血病患者はもちろん、他のがん患者にとっても「がん克服」への希望の光となるかもしれない。


外部リンク

University of Pennsylvania(ペンシルベニア大学)

T Cells with Chimeric Antigen Receptors Have Potent Antitumor Effects and Can Establish Memory in Patients with Advanced Leukemia (Science Translational Medicine) 
-サイエンス・トランスレーショナル・マガジンより-

Chimeric Antigen Receptor–Modified T Cells in Chronic Lymphoid Leukemia &mdash (New England Journal of Medicine)
-ニューイングランド医学ジャーナルより-

キラー細胞とは - コトバンク

K細胞とは - コトバンク


Amazon.co.jp : がん に関連する商品



  • 凸版印刷とインクルーシヴ・ジャパン、障がい者就労支援で提携(4月10日)
  • ダイヤ工業、障がい者が創作したアートを商品パッケージに(4月4日)
  • 視聴者からの疑問に答える障がい者就活チャンネル、登録者1,000人を突破(3月30日)
  • 第一法規、『「地域共生社会」時代のケアマネ必携 障害者支援のための相談支援専門員連携ハンドブック』を発刊!(3月20日)
  • 高齢者と障がい者が地域と若者を支える食堂「スマイリング・キッチン・LABO(ラボ)」が3月25日グランドオープン!(3月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    障がい者雇用 新着30件